品川レーシックの疑問

品川でレーシックと言えば、品川近視クリニックが有名です。品川近視クリニックはアメリカのイントラレース社から認定を受けた眼科で、レーシックを進化させたイントラレーシックを施していることで大変有名です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

品川近視クリニックでレーシック手術

品川近視クリニックでは、アメリカのイントラレース社から認定を受けたスーパーイントラレーシック手術を提供しています。同社のレーザー機器を使用した手術では、強度の近視の人でも視力が回復するチャンスがあるそうです。

手術では、まず手術への適性を検査した後、問題がなければ施術に入ります。点眼麻酔をした後、イントラレーザーで角膜を削りフラップを作ります。次にフラップを開いた状態でエキシマレーザーを照射します。最後にフラップをもとに戻して消毒して終了です。ここまでおよそ15分程度、あっという間に手術は終わります。

一方、適性検査により手術を受けることができない人というのがいます。角膜が極度に薄い人、白内障などの目の疾患を持っている人、感染症の薬が使えないため妊娠中の人などがそれにあたります。強度の近視の人でも受けられるイントラレーシックですが、近視の状態によっては手術を受けられない場合もあるそうです。

コンタクトレンズをしている人は、手術の1~2週間前から装着を避けるようにします。これは、手術にあたって角膜の変形をもとに戻すための期間が必要であるためです。手術後は比較的すぐに日常の生活に戻ることができますので、とても安心です。
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。