品川レーシックの疑問

品川でレーシックと言えば、品川近視クリニックが有名です。品川近視クリニックはアメリカのイントラレース社から認定を受けた眼科で、レーシックを進化させたイントラレーシックを施していることで大変有名です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「失った視力回復!レーシック」

失った視力がほんの僅かな時間で元に戻る?…なんて、少し前までは夢でしかあり得なかったような話が今や常識となりつつあります。私自身も重度の近視ですが、視力とは失って初めてその有難さに気がつくものであると、心底思います。

でも、そんな不便な生活を送る低視力者の前に現れたのが「レーシック」。まだコンタクトレンズほど一般に浸透してはいませんが、徐々にその評判は広まっており、この数年、レーシック手術を実施する医院が全国で急増しています。

中でも特に著名なのが「品川近視クリニック」。品川でレーシックといえば「品川近視クリニック」というぐらい有名です。これまでに合計20万症例以上を扱っているという経験の多さもその評判の所以です。また、術前検査無料、交通費補助、20回まで金利無料、3年間保障などの特典や紹介割引でも人気です。

「品川近視クリニック」のレーシックの施術内容はと言うと、角膜の一部をはがして露出した実質層にエキシマレーザーを照射、はがした部分をすぐ元に戻すというもの。想像するとちょっと怖い?価格は両眼で18万円前後。コンタクトレンズやその付随品にかかる費用、手間、眼の負担などを考えるなら決して高いとも断じられない値段です。

因みに、以前から生命保険に加入していた方については、手術費用が無料になることも少なくないらしいので要チェック!手術時間は僅か20分。次の日から眼鏡・コンタクトも不要の生活。あなたは、どちらを選びますか?

PageTop

品川近視クリニックでレーシック手術

品川近視クリニックでは、アメリカのイントラレース社から認定を受けたスーパーイントラレーシック手術を提供しています。同社のレーザー機器を使用した手術では、強度の近視の人でも視力が回復するチャンスがあるそうです。

手術では、まず手術への適性を検査した後、問題がなければ施術に入ります。点眼麻酔をした後、イントラレーザーで角膜を削りフラップを作ります。次にフラップを開いた状態でエキシマレーザーを照射します。最後にフラップをもとに戻して消毒して終了です。ここまでおよそ15分程度、あっという間に手術は終わります。

一方、適性検査により手術を受けることができない人というのがいます。角膜が極度に薄い人、白内障などの目の疾患を持っている人、感染症の薬が使えないため妊娠中の人などがそれにあたります。強度の近視の人でも受けられるイントラレーシックですが、近視の状態によっては手術を受けられない場合もあるそうです。

コンタクトレンズをしている人は、手術の1~2週間前から装着を避けるようにします。これは、手術にあたって角膜の変形をもとに戻すための期間が必要であるためです。手術後は比較的すぐに日常の生活に戻ることができますので、とても安心です。

PageTop

レーシックなら品川近視クリニック

レーシックなら品川近視クリニック、というほどに有名な眼科です。

品川近視クリニックで行われているレーシック手術はイントラレーシックと言い、アメリカのイントラレース社が提供するレーザーを用いた特殊な手術を行うことで有名なのです。イントラレース社のレーザー機器を用いることによって、角膜の切開面がとても滑らかになるため、フラップのトラブルが起こりにくいと言われています。このため強度の近視の人でも手術を受けることができるようになったということです。

インターネット上でもイントラレーシックの評判はあちこちに見られ、大方高い評価を得ているようです。クリニックのホームページ上では、芸能人やスポーツ選手のレーシック体験談がいくつも掲載されています。体験談によると、手術はおよそ15分程度で終わる簡単なもので、アッと言う間に手術が終了してしまうあっけなさだそうです。

手術前にはぼやけていた文字や色、輪郭などが、ハッキリ見えることにびっくりするとか。視力が良くなることの楽しさ、喜びを感じて手術後の帰路につくのだそうです。

こういった体験談はホームページ以外にもインターネット上に数多く掲載されているので、気になる人は一度読んでみると良いでしょう。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。